伊達判決を生かす会


砂川の基地反対闘争からはや半世紀。
その事件判決には裏があった。
そこに生きた証人の戦いが半世紀を過ぎてた今も繰り広げられる。

定例会報告(第46回定例会)

2013年2月28日18時〜20時
自治労会館2階会議室

<報告>
1.坂田茂さんの急逝:2月17日夜逝去・21日通夜・22日告別式
2.共同代表打ち合わせ会議:2月15日、自治労会館(参加者略)
3.2月26日:第2次会場下見(参加者略)、チラシ等の第1次発送(詳細略)

<協議事項>
1.伊達判決54周年記念集会「日米地位協定を問う!」その1 別紙
  1)日時:2013年3月31日(日)12:30〜16:30
    場所:東京しごとセンター
  2)集会プログラム内容:基調報告、講師と演題、その他報告者、発言者など。
  3)集会配布資料
  4)当日会場設営と整理、当日の総括懇談会
2.伊達判決54周年記念集会「日米地位協定を問う!」その2
  5)集会宣伝活動
    @賛同団体(個人)の呼びかけ拡大
    Aメディア−新聞社など、インターネット関連(略)、雑誌(略)
    Bチラシ配布−(略)
    C国会議員−(略)
    D支援者、研究者−(略)
  6)資料など準備 (詳細略)
3.その他
  1)「つながろう福島!さよなら原発大行動」1000万署名実行委員会主催
    3月9日(土)集会とパレード 14:00明治公園
    3月10日(日)集会とパレード 13:00日比谷野外音楽堂
    3月11日(月)キャンドルナイト 19:00テント、講演会 18:30きゅりあん(大井町駅)


定例会報告(第45回定例会)

2013年2月9日13時半〜17時
自治労会館2階会議室

<報告>
1.1月30日最高裁文書開示申出書提出行動
  参院会館B105会議室で集会後、最高裁正面口から入門し秘書課係員に手交。
  「規則により30日以内に回答する」との応答後受領(会員16人参加)。
  1月17日に記者レク(赤旗は18日)、1月24日に国会回りとメディアへの連絡。
2.(略)
3.沖縄県民大会実行委員会による1・27集会(1・28行動)への参加。
4.拡大事務局会議・2月4日自治労会館で、3・31集会の具体的検討。(略)

<協議事項>
1.伊達判決54周年記念集会「日米地位協定を問う!」
  1)日時:2013年3月31日(日)12:30〜16:30
    場所:東京しごとセンター
  2)集会プログラム内容:会からの基調報告、講師と演題、その他報告者、発言者など。
  3)集会配布資料と資料代、頒布物と取扱書籍など。
  4)当日の準備、会場設営、終了後整頓−全会員が当たる10:30集合。17:00までに完了。
    (詳細略)
  5)宣伝チラシ:Mがデザイン。2月20日ごろまでに作成。(エム企画に発注)
  6)会員に:最高裁資料・拠出金呼びかけ文送付。
    2月26日(火)17:30自治労会館
  7)賛同団体への呼びかけ:担当(別紙)
  8)国会議員・専門研究者などへの働きかけ。
  9)メディア対策
  10)財政について
2.その他
  1)「つながろう福島!さよなら原発大行動」1000万署名実行委員会主催
    3月9日(土)集会とパレード 14:00明治公園 15:30パレード出発
    3月11日(月)講演会 18:30〜20:30きゅりあん(JR京浜東北線・大井町駅すぐ)
  2)沖縄の状況


定例会報告(第44回定例会)

2013年1月12日13時半〜17時
自治労会館2階会議室

<報告>
○12月23日「オスプレイ配備撤回!米兵凶悪事件糾弾!怒りの行動」

<協議事項>
1.最高裁への行政文書開示申出と国会・メディアへの働きかけ
  1)1月30日(水) (略)
  2)記者発表 (略)
  3)メディアへの働きかけ(略)
2.伊達判決54周年記念の行事
  1)3月31日(日)場所、時間
  2)テーマ:「日米地位協定の改正を!」
  3)集会内容:(略)
  4)集会までの諸準備
3.オスプレイNO! 地位協定改定運動推進 など
  1)1月27日(日)15時〜16時 日比谷野外音楽堂 後銀座パレード
    「オスプレイ配備撤回、普天間基地閉鎖・返還を求める東京集会」
    (沖縄県民大会実行委員会:1月27日〜28日に総理への直訴上京団)
    −28日国会周辺
4.その他  テント村、沖縄現地状況 など



定例会報告(第43回定例会)

2012年12月22日13時半〜17時
自治労会館2階会議室

<報告事項>
◇12月4日拡大事務局会議
1.最高裁への行政文書開示申出
  1)申出人(略)と申出日延期(1月中旬以降)を確認
  2)開示請求申出の資料・説明文等の補強。(略)
  3)メディア対策の参考意見を聴取(略)
2.(略)
3.A弁護士とのその後の連絡報告
◇M弁護士の意見

<協議事項>
1.(略)
2.オスプレイNO! 地位協定改定運動推進 など
  1)12月23日(日)13時30分から
  2)1月27日(日)15時〜16時 日比谷野外音楽堂 後、銀座パレード
    「オスプレイ配備撤回、普天間基地閉鎖・返還を求める東京集会」
    (沖縄県民大会実行委員会:1月27〜28日に総理への直訴上京団)
  3)日米地位協定改正要求運動の推進:沖縄との共同シンポ、首都圏運動団体との連携
3.12年度会計報告と財政対策
  2012年度会計報告、2012年度拠出金状況
4.その他


定例会報告(第42回定例会)

2012年11月10日13時半〜17時
自治労会館2階会議室

<協議事項>
1.最高裁への行政文書開示申し立て
  1)N弁護士との協議(10月26日 14:00〜17:00 N弁護士事務所)
      出席−(略)
    @最高裁宛の行政文書開示申立てを、まず行うことは適切で妥当。
    A再審請求は技術上きわめて難しいが、他の方法も含めて、田中・最高裁糾弾、最高裁の情報公開を求める実現可能な方法をそれぞれが研究して行く。
    BA弁護士が参加する研究会で、会代表からの報告を聞き、上記の方法を検討する。
    CN弁護士(福岡弁護士会・S著作に積極的に反応)と連絡を取る。
  2)行政文書開示申立て文書と関係資料の検討
  3)申立て(2012年12月12日(水))と事前・当日の準備、やり方
    @12月12日(水)衆議院第2議員会館(略)をH議員から予約 −記者レクと集会、最高裁へ申立て
    Aメディアへの働きかけ−主要メディア、他の新聞、週・月刊誌(特に法曹界関係)、ITメディア(略)
    B国会議員への働きかけ
2.オスプレイ、米兵暴行事件と日米地位協定改正活動
  1)10月27日(土)「横田基地もいらない市民集会」−780人参加
  2)11月4日(日)芝公園集会・平和フォーラム主催−約4000人参加
  3)12月16日 沖縄現地大集会(東京日比谷野音)
3.反原発
  1)11月11日行動(15時テント前で大きな集まり 17時国会前結集・集会)
  2)原発再稼動阻止全国ネットワーク結成:10日18時全体集会(文京区民会館)


定例会報告(第41回定例会)

2012年10月20日13時半〜17時
自治労会館6階中執会議室

<講演>
「日米同盟の知られざる虚像と実像−オスプレイ導入と基地特権−」
話す人:新原昭治さん
(別紙資料)
1.集団女性暴行事件をめぐって改めて暴露された沖縄米軍基地の非人間性
2.オスプレイ配備強行と政府のあきれんばかりの対応
3.オスプレイ配備強行は、米軍の「行動の自由」を優先保証する日米安保条約の核心に位置した米軍特権の実際を示している
4.いったい岸内閣当時、安保条約で導入した「事前協議」とはなんだったのか
5.【参考資料】
(質疑応答)

<協議事項>
1.最高裁への行政文書開示申し立て
  1)「なぜ開示請求(申立て)するか」「申立て文書案」の検討−別紙案
    @N弁護士との協議(略)
  2)申立て日(略)と事前・当日の準備、やり方
    @メディア、国会への働きかけ
    A当日の集会・集まり−場所と規模
2.「横田基地もいらない10・27市民交流会」の成功のために
  1)10月7日の実行委員会報告と会の対応
  2)当日の対応(集会・デモ、会のデスク・書籍販売など)
  3)その他
3.オスプレイ配備強行、米軍の女子暴行事件に抗議し、日米地位協定改訂活動
  1)「オスプレイの沖縄配備に反対する首都圏ネットワーク」の行動呼びかけ
    @10月24日(水)18時〜20時 首相官邸前
    A11月4日(日) 芝公園 など
  2)沖縄での闘争現状など


定例会報告(第40回定例会)

2012年9月29日13時半〜17時
自治労会館2階会議室

<報告>
1.最高裁への行政文書開示請求の準備・打合せ:9月24日(月)
2.「オスプレイの沖縄配備に反対する首都圏ネットワーク」に参加
  1)9月9日(日)国会包囲行動、9月28日(金)防衛省抗議行動
  2)実行委員会−8月21日、8月30日、9月18日、9月23日
3.「横田基地もいらない10・27市民交流会」実行委員会
  1)8月19日(日)−横田基地見学日、福生市民公園で坐り込み
  2)5市1町村への陳情行動
  3)実行委員会−8月26日、9月23日、10月7日

<協議事項>
1.発見新文書に関わる新開示請求
  S氏の新発見文書<田中耕太郎とマ大使の協議、マ大使の田中評価>に関わる最高裁行政文書の開示請求をおこす。(請求文書案は別紙)
  1)請求人:(略)
  2)代理人:(略)
  3)請求日:12月12日(水)−提出とともに記者発表・報告集会(12月16日が田中最高裁判決)(別紙「なぜ請求を起こすか」参照)
  4)国会の国政調査権などの他方法も採用−国会議員、N弁護士などと協議
2.「横田基地もいらない10・27市民交流会」ビラ参照
  1)1000人目標(昨年・一昨年は約700人)−当会員にはビラを送付する。その他ビラ配布、活用をはかる
  2)集会は13:00(10:00−DVD上映)〜15:00デモ行進(15:15〜16:00)短い。
  3)伊達判決を生かす会デスク(新原氏、S氏書籍の販売など)事務局は9:45集合
  4)会場カンパもあるが、事前のカンパも行う。
3.オスプレイ配備反対行動−「沖縄配備に反対する首都圏ネットワーク」
  1)沖縄の行動報告−9・9集会、高江ヘリパット建設阻止行動など(T氏、沖縄タイムス記事、他)
  2)山口岩国集会 9月30日(日)14:00市民大集会(岩国市民公園入り口)
  3)東京行動 10月4日(木)18:00〜20:00首相官邸前(国会記者会館前路上)
4.その他


定例会報告(第39回定例会)

2012年8月11日13時半〜17時
自治労会館6階会議室

<特別報告>
「外国の対米地位協定の紹介と日米地位協定の対比」
   講師:明田川融氏(法政大学講師)

<報告>
1.7月31日共同代表会議
  1)8・5沖縄県民大会
  2)S氏新発見文書で新開示請求
  3)地位協定問題のこれからの展開
  4)共同代表補強の件
2.刑事参考記録保存簿開示請求に対する開示文書に対する異議申立てについての審査会の回答(7月)
3.「横田基地もいらない」実行委員会
  1)当会からの共同代表にE氏
  2)8月19日(日)
    @午前:米軍基地公開に参加
    A13:30福生公園坐り込み基地見学者へのアッピール行動
  3)10月27日:横田集会・1000人目標、孫崎氏講演
4.米軍への「思いやり予算は被災地支援へ」署名活動など
5.その他
  1)沖縄県民大会
  2)高江ヘリパッド
  3)テント村と反原発運動
  4)ほか

<協議事項>
1.発見新文書に関わる新開示請求
  1)宛先:最高裁
  2)請求者代理人:(略)
  3)代表請求人:(略)
  4)時期:(略)
  5)宣伝:(略)
2.日米地位協定問題の会としての取組み
  1)オスプレイ配備反対−沖縄との連携
    @県民大会参加
    Aほか
  2)(略)
  3)12月16日頃のシンポジューム(?)
3.その他


定例会報告(第38回定例会)

2012年6月23日13時半〜17時
自治労会館2階会議室

<特別報告>
「砂川闘争、横田基地訴訟と日米地位協定」
   レポーター S氏

<報告>
1.3・31シンポジューム会計報告
2.沖縄県議選(6月10日)結果
3.オスプレイ配備問題
4.6・15第3期沖縄意見広告運動報告集会
5.アメリカ公文書館での新資料
  末浪靖司氏著「対米従属の正体」(高文研)

<当面する集会・活動>
1.7月16日(月 海の日)反原発10万人集会12:30〜14:00代々木公園
  パレード13:30から(明治公園まで)
2.8月19日(日)横田基地見学会への参加
3.米軍への「思いやり予算は被災地救援へ」署名活動 第2弾


定例会報告(第37回定例会)

2012年5月12日13時半〜17時
四谷地域集会センター11階集会室

<報告>
1.3・31「伊達判決53周年シンポジューム『日米地位協定を問う』の後処理
 1)国会議員訪問
  @4月25日に出席・メッセージ送付の議員にお礼と地位協定改正運動推進の要請
  A(順不同・敬称略)
   衆議院議員−斉藤勁、玉城デニー、瑞慶覧長敏、照屋寛徳、近藤昭一、
   川内博史、服部良一、赤嶺政賢
   参議院議員−相原久美子、山内徳信、糸数慶子
  B山内議員、服部議員とは直接本人と面会し、沖縄シンポジュームの計画など、
   地位協定改正運動推進を協議
 2)「3・31シンポを終えて『アッピール・日米地位協定の改正を!』」−別添−の完成
2.「ガッテインナラン!沖縄差別 4・20集会」全電通会館ホール
3.沖縄意見広告
4.「横田基地もいらない! 4・28集会」福生市民会館会議室
5.「刑事参考記録の保存目録等の開示請求」その後

<協議事項>
1.日米地位協定の改正運動?
2.当面する活動、行動


定例会報告(第36回定例会)

2012年4月7日13時半〜17時
自治労会館2階会議室

1.伊達判決53周年シンポジューム「日米地位協定を問う」の総括
 1)<報告>
  @参加者数230名
   ア.ご来賓 順不同
    衆議院議員 服部良一さん(近畿比例区)
    弁護士 内藤功さん
    賛同いただいた団体の方々
  A賛同していただいた団体22団体 アイウエオ順
   厚木基地爆音防止期生同盟
   第4次厚木爆音訴訟団
   麻布米軍ヘリ基地撤去実行委員会
   安保無効をすすめる会
   沖縄意見広告運動
   沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動
   沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
   神奈川平和運動センター
   9条改憲阻止の会
   静岡・沖縄を語る会
   新宿懇談会
   JUCON(沖縄のための日米市民のネットワーク)
   たんぽぽ舎
   日本平和委員会
   反安保実行委員会
   変革のアソシエ
   フォーラム平和・人権・環境
   明大土曜会
   横田基地の撤去を求める西多摩の会
   横田基地被害をなくす会
   横田基地問題を考える会
  Bメッセージをいただいた方 順不同
   ア.沖縄から5団体・1名
    第3次米軍嘉手納基地爆音訴訟団長 新川秀清さん
    第3次米軍嘉手納基地爆音訴訟団弁護団長 池宮城紀夫さん
    普天間基地から爆音をなくす訴訟団長 新川善次さん
    辺野古ヘリ基地反対協代表委員 安次冨浩さん
    沖縄平和運動センター 山城博治さん
    伊波洋一さん
   イ.衆議院議員5人
    照屋寛徳さん(社民・沖縄2区)
    玉城デニーさん(民主・沖縄3区)
    瑞慶覧長敏さん(民主・沖縄4区)
    赤嶺政賢さん(共産・九州比例区)
    近藤昭一さん(民主・愛知3区)
   ウ.参議院議員3人
    糸数慶子さん(無所属・沖縄選挙区)
    山内徳信さん(社民・比例区)
    相原久美子さん(民主・比例区)
 2)<総括の視点>
  @参加状況
  A準備過程
  Bシンポジュームの内容
  Cシンポジュームの果たした役割
 3)<今後の地位協定改正運動推進のために>
2.当面の取り組み
 1)第三次沖縄意見広告運動
 2)諸集会、諸運動



  ≪当ホームページはADOBE社などのPDF READERを導入したパソコンでご覧ください≫

(C)2012伊達判決を生かす会 事務局 不許複製